What is Power Automate Desktop?

Power Automate Desktopとは

power_automate_desktop

 

Power Automate Desktop(通称PAD パッド)はMicrosoft社が提供するRPA製品です。

元々Softomotive社が開発したWinAutomationをベースに開発され、2021年12月に正式リリースされました。

Microsoft社のPower Platformの一角であるPower Automateに含まれる製品です。

 

低価格(もしくは無料!)でしかも豊富な機能と使いやすい操作画面を備えています。プログラミングなどの専門的な知識は不要、マウスとキーボード操作で業務を代行してくれるロボットを開発できます。

兄弟サービスであるPower Automateと連携することでスケジュール実行やトリガー機能、AIサービスとの連携、ログ機能など、さらに大幅に機能を強化できます。

※2020年5月にSoftomotive社はMicrosoft社に買収されたことが発表されました。

※Power Automateは広義、狭義の2つの意味で使われることがあります。

広義のPower Automate :Power Platformの1サービス、狭義のPower Automate、PAD、WinAutomationを含む

狭義のPower Automate :クラウドサービスの連携機能を持つiPaasサービス

※Power Platformは「Power BI」「Power Apps」「Power Automate」「Power Virtual Agent」の4つのサービスからなる、ローコードで業務アプリケーションを構築できる開発環境です。

Price

価格

Power Automate Desktopは以下の2種類の製品があります。

  • Power Automate Desktop(通常版)
  • Power Automate Desktop for Windows10

通常のPower Automate Desktopは

Power Automateの”アテンド型 RPA のユーザーごとのプラン”ライセンス

月4,350円/ユーザ、年52,200円/ユーザ、税別)

が必要です。

一方Power Automate Desktop for Windows10はWindows10でしか使用できませんがなんと無料です!

※2021年3月3日現在、Power Automate Desktop for Windows10が近い将来、Windows10に標準搭載されることが予定されています。

※”(通常版)”という名称は便宜上です。

For whom?

どのような企業に適しているか?

Power Automate Desktopは非常に低価格もしくは無料!でありながら他製品に勝るとも劣らぬ機能を搭載しています。また直観的に操作可能な画面のため、プログラミングができてなくても業務を自動化することができます。

そのため、

  • コストをあまりかけずに業務の効率化を図りたい
  • IT人材がいない、少ない
  • リスクを抑えて業務改革を推進したい
  • DXの起爆剤が欲しい

といった企業に向いています。

 

実際にPower Automate Desktopは製造、広告、士業、人材、金融、EC、システムなどホワイトカラーの業務が存在する様々な業界・業種で使用されています。

また適用できる業務も様々、連携・自動化できるシステムもWebからクライアントサーバ型、AS400まであらゆる範囲をカバーします。

 

Functions

Power Automate Desktopの主な機能

以下のような日常的に行う作業に必要な機能が搭載されています。

Power Automate DesktopにはWinAutomationから引き継がれた約400のアクションが標準で用意されており、アクションをドラッグ&ドロップで配置するだけで仕事を代行してくれるロボット(デジタルレイバー)を作成できます。

※アクション:あらかじめ搭載されている操作の自動化を作成するための部品

  •  マウス操作、キーボード操作
  •  デスクトップアプリケーション
  •  Web操作
  •  Excel操作
  •  メール送信/受信
  •  フォルダ、ファイル操作
  •  PDF操作
  •  データベース操作
  •  OCR機能
  •  AIサービスとの連携機能
アクション
アクション
アクション
アクション

さらに兄弟システムであるPower Automateと連携することで以下のような非常に高度な機能を備えることになります。

  • 非常の多くのトリガー機能(2021年3月時点、400以上)
  • スケジュール機能
  • AI機能(AI-OCR、数値予測、物体検知、感情分析、翻訳等)
  • プロセスマイニング
  • ログ管理機能
  • フローモニタリング機能
  • 高度なセキュリティ
  • ガバナンス機能

等々。

さらにPower Automate Desktopにはレコーディング機能(人がWebやデスクトップアプリケーションに行った操作を記録してロボットを作成する機能)があるため、開発すら必要がないこともあります。

またPower Automate Desktopは座標指定、画像認識はもちろん構造認識(要素認識)も可能です。

各画面要素の認識精度についても他製品と比べて見劣りしません。

Target Business

Power Automate Desktopで自動化できる業務

以下のよう業務を人が時間をかけて行っているということはないでしょうか?

ルール・手順を定義できる業務はほとんどが自動化することができます。

こういった作業はPower Automate Desktopで開発したロボットにやらせて、社員はよりクリエイティブでコアな業務に取り組むべきでしょう。

  • 毎日、毎週繰り返し実施している業務
  • Excelへの入力、転記、集計
  • システムからのレポート出力
  • システム間のデータ連携
  • ファイルのコンバート(形式変換)
  • Webからのファイルダウンロード、Webからの情報収集
  • システムへの入力、操作
  • とにかく面倒だと感じる仕事

System

構成システム

Power Automate Desktop
Power Automate

When you want to innovate...

Power Automate Desktopについて詳しく知りたいなら...

ロジウムにお問い合わせください!

Power Automate Desktopについて、気になったことは何でも聞いてください!

ロジウムはPower Automate Desktopの前身であるWinAutomationの時からのスペシャリスト、Power Automate Desktopを提供しているMicrosoftのパートナーです。

まだ発表されて間もないPower Automate Desktopですが、すでに導入し運用、サポートしている実績があります。

contact@rhodium.co.jp

03-6822-5010

中川和也