■概要

電卓を起動します。

 

■プロセス

01 - Run Calculator

<2行目>

「Run Application」アクションで電卓アプリケーションを起動します。

※「Run Application」アクションでアプリケーションを起動する場合、通常はフルパスを指定する必要があります。(電卓はパスが通っているため”calc”でOK)

 

不明点がある場合はこちらまで。