■概要

外部の(=自分とは異なる)プロセスを起動します。

 

■プロセス

親プロセス(呼び出し側のプロセス)

06 - Run External Process (Parent) [Pro and Pro Plus Edition Only]

 

<2行目>

「Display Input Dialog」アクションでユーザ名を入力するダイアログを表示し、入力された文字列を%UserName%変数に設定します。

 

<3行目>

「Start Process」アクションで子プロセス(呼び出される側のプロセス)を起動します。

 

子プロセス(呼び出される側のプロセス)

07 - Run External Process (Child)

 

<2行目>

「Display Message」アクションで親プロセスの変数(%UserName%)を含んだ文字列をメッセージ表示します。

親プロセスの変数を参照する場合は変数名の前に”ext:”を付けることで参照可能になります。