■概要

フォルダを選択しそのフォルダ内にある昨日以降に変更された(=更新日付が昨日より後)のファイルを抽出し、その情報をメモ帳で表示します。

 

■プロセス

11 - Find Files modified since Yesterday

 

<2行目>

「Display Select Folder Dialog」アクションで対象フォルダを選択するダイアログを表示し、選択されたフォルダを%SelectedFolder%変数に設定します。

 

<6行目>

「Get Current Date and Time」アクションで現在日時を取得し%CurrentDate%変数に設定します。

 

<7行目>

「Add to Datetime」アクションで%CurrentDate%から前日(マイナス1日)を求め%YesterdaysDate%に設定します。

※チュートリアルの内容が間違えていますね。

 

<9行目>

「Get Temporary File」アクションで一時ファイルを作成し%TempFile%変数に設定します。

 

<10行目>

「Get Fills in Folder」アクションで%SelectedFolder%とそのサブフォルダ内にある全てのファイルを取得し%AllFilesInFolder%変数(List型)に設定します。

 

<12行目>

%AllFilesInFolder%の中にあるファイルの数だけ13~15行目を繰り返し処理します。

%AllFilesInFolder%の中のファイルを1つずつ%CurrentFile%変数に設定します。

 

<14行目>

%CurrentFile%の更新日付(%CurrentFile.LastModified%)が%YesterdaysDate%以降かどうかを判定します。

 

<15行目>

%TempFile%に以下の内容を追記します。

“%CurrentFile% modified on %CurrentFile.LastModified%”

%CurrentFile% : 対象のファイルパス

%CurrentFile.LastModified% : 対象ファイルの最終更新日付

 

<19行目>

メモ帳を起動し%TempFile%の内容を記入します。